加山又造「妖」直筆サイン・5号相当額装・レゾネNo80・差し箱、黄袋・真作保証・専売公社広告原画

加山又造「妖」直筆サイン・5号相当額装・レゾネNo80・差し箱、黄袋・真作保証・専売公社広告原画
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k241655645
※ヤフオクで千円スタート!

作品マットに多少ヨゴレのようなものがありますが、制作時に付着したものだと思われます。作品に微ヨレがありますが、全体としては良好です。包装付きの差し箱、黄袋が付属します。5号相当の額装です。

額裏に「名古屋画廊」シールが貼付されています。名古屋画廊さんは、戦前から続く名古屋の名門画廊です。

加山又造先生のレゾネ(阿部出版)No80の作品で、1985年の制作です。

日本専売公社(現在のJT)が昭和54年(1979)~平成3年(1991)まで各メディアに「版画・たばこのある風景シリーズ」という企業広告を展開しました。

明治から昭和期の近・現代の日本文学作品中に登場するたばこのシーンを題材に、当時の日本のアートシーンを代表する先生方が、「たばこのある風景」を独自にイメージし、絵画的に表現しました。

本作は、「版画・たばこのある風景シリーズ」の内の一作で、泉鏡花の幻想小説の名作『高野聖』を題材に制作されたものです。

妖しくなまめかしい女性が、細かい描写と繊細な色づけで見事に表現されています。ほのかに立つ煙の表現も、瀬戸内寂聴が「かけがえのない線」と詠んだ線描も見事です。

素晴らしいです。感銘を受けました。

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k241655645
※ヤフオクで千円スタート!