情報の海と西丸優子さん

何年も前の話ですが、珍しく日本のテレビドラマにはまったんです。DVDセットまで買って見てました。

このドラマの脇役で、可愛らしい女優さんが出てました。夏川結衣と一緒に働いている看護婦さん役です。下の画像の黄色いリボンの花束を持っている女性です。

「この人誰なんだろう?」ということで調べてみたら、西丸優子さんという女優さんであることが判明しました。

■西丸優子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nishimaru-yuko/

で、この西丸優子さん、ウィキペディアを見ると精神病理学者の西丸四方先生のお孫さんなんだそうで、大層ビックリしました。あんまりビックリしたのでブログのコメント欄にその旨記したところ、ご本人からコメントをいただいて、ほんとのことなんだそうです。

昔々の大学時代、精神病理学の古典的名著だという『異常性格の世界』という本を読みました。その著者が西丸四方先生でした。昭和29年に出版された本で、それが版を重ねて重ねて、私が読んだのは昭和62〜63年位のことでした。

すごく印象に残っているのは、「赤襦袢に病的に興奮を覚える男」ってのが出てくるわけです。昭和29年の本なので。

その男は、赤襦袢が急速になくなっていく高度成長期をどう生き抜いたのだろう、ということがとても気になったことを思い出しました(笑)

また、西丸四方先生は、統合失調症に苦しむ若き日の草間弥生を、アーティストとして見いだしたことでも知られています。

そんな西丸優子さんのバックボーン、インターネットがなきゃ、私にはわかんなかった事だろーなー、と、さっきシミジミ感じたので、記してみました。インターネット万歳。